保険相談・見直しなら、ほっ!と保険のインシュアランス・コミュニティ【公式】

新型コロナウィルスと保険

保険
2020.04.21

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、不安な日々を過ごす方が多いと思います。感染もそうですが、やはり生活費や保障といった家計、お金に不安を抱く方も多いはずです。今回は、新型コロナウイルスに対する保険の保障範囲について触れます。なお、実際の支払い条件などは各保険会社・ご契約内容により異なりますので、ご自身で加入されている保険を予めご確認することをお勧めします。

Q:病気やケガに備える医療保険を契約している人が、新型コロナに感染して入院した場合の保障はどうなるでしょう?

A:一般の病気と同様に入院給付金を受け取れます。手術を受ければ手術給付金も対象になります。通院保障がついていれば、退院後の通院費用も対象になります。
但し、発症したものの軽症で自宅療養しながら通院する場合は医療保険からの給付は受けられない可能性が高いです。

Q:新型コロナウイルス感染症が原因で死亡した場合、死亡保険金は給付されるか?

A:死亡保険金を給付する保険会社が多いようです。また保険会社によっては、不慮の事故で死亡した際、死亡保険金に一定額を上乗せして支払う「災害割増特約」を適用し、多めに保険金が支払われます。

Q:新型コロナウイルス感染症に感染し入院等の処置を受けた場合、就業不能保険に加入していれば、保険金は給付されますか?

A:病気やけがが原因で働けなくなり、治療のために入院をしたり医師から自宅での療養を指示された場合、民間の保険では、「就業不能保険」に加入していると保険金が給付されます。ただ、契約によっては60日間や180日間などの「支払い対象外期間」というものが存在するので、働けなくなったとしても2ヶ月から3ヶ月間ほどの間は保険金が給付されません。新型コロナウイルス感染症は、症状にもよりますが、それほど治療期間が長いものではなく、就業不能保険の保険金が給付されるというケースは少ないことが予想されます。

なお、傷害保険は主にけがの費用を補償するため、新型コロナは治療費の対象外となります。特定の感染症になったら、保険金が下りる特約もありますが、対象はエボラ出血熱や結核、ペストなどが該当しますが、新型コロナウイルスは現状含まれておりません。

万が一の際に、活用できてこその「保険」です。
加入している保険の保障内容が分からないなどお困り事がございましたら、インシュアランス・コミュニティ加盟の各代理店までお問い合わせください。→店舗一覧